MTGで遊び倒す!

マジック:ザ・ギャザリングで遊び倒す話を延々とする

【ヒストリック】グルールアグロでミシック達成!(ゼンディカー後)

2020年10月期もヒストリックBO3でミシックを達成しました。使用デッキはグルールアグロです。

f:id:naito-horizon:20201011173402p:plain

ダイヤTier4→ミシックを1~2日で駆け抜けているため、ランク戦に適した「速くて勝率の良い」デッキになっていると思います。

10月13日追記(オムナス一時停止)

10月13日追記:ヒストリックにおいて禁止制限措置の変更がありました。

2020年10月12日 禁止制限告知|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

《創造の座、オムナス》:一時停止

《時を解す者、テフェリー》《荒野の再生》:禁止

《炎樹族の使者》:一時停止解除

これにより、次の項で説明するヒストリック環境にも今後さらなる変化が見込まれます。予想ですが、改定直後はゴブリンが復権し、サクリファイスと4Cミッドレンジの3デッキを中心に回っていくことでしょう。

《炎樹族の使者》が一時停止解除されたことはグルールアグロにとっては朗報です。また最大の壁であったオムナス・ランプが大幅に弱体化したことにより、今後さらに勝率を伸ばしていけると思います。

f:id:naito-horizon:20201013001944p:plain

ヒストリック環境の変化(オムナス一時停止前)

「ゼンディカーの夜明け」以降、ヒストリックの環境も変化が見られました。

最大の変化は、《創造の座、オムナス》を核にしたオムナス・ランプが猛威を振るい始めたことです。

f:id:naito-horizon:20201011162142p:plain

序盤の干渉手段こそ持たないものの、4~5ターン目にかけて爆発的な展開力を持つこのデッキがランク戦に増えていきました。特に《僻境への撤退》からの《発生の根本原理》の動きは圧倒的で、ほとんど5~6キルと言ってよいのに、コンボほど明確な弱点が少なく、対処が困難です。

強力な干渉手段を持つサクリファイスやスゥルタイ改め4Cミッドレンジはオムナスを相手にしても戦えるものの、それ以外の中速~低速デッキの多くは厳しい立ち位置にあります。

他にも《見捨てられた碑》を用いた茶単コントロールや、《海門の嵐呼び》+《新生化》でライブラリーから次々クリーチャーを着地させて速攻ワンパンを狙うコンボであるネオストームが出てきています。いずれも短いターンで勝負を決める技を持つデッキであり、受けに回るよりもとにかく押し付け合う動きが主流という状況です。

 

自分も、当初は「ゼンディカーの夜明け」前にミシックに到達した《陰謀団の要塞》コントロールを使っていましたが、勝率が上がらず、アグロデッキにスイッチして今回の達成となりました。

 

デッキリスト

ダイヤTier4→ミシックまで昇格した最終的なリストはこちら。

グルールアグロ(ヒストリックBO3)

f:id:naito-horizon:20201011155124p:plain

※インポートリストは本記事末尾に掲載しています。

いたってオーソドックスなグルールアグロのため、改めて書くことも多くありませんが、ポイントとなったカードについて書いていきます。

メインボード

《漁る軟泥》:メイン3枚

f:id:naito-horizon:20201011162815p:plain

ウーロやサクリファイスなど、墓地を利用するデッキが多いためメインで採用ですが、何枚も引くと起動のためのマナが足りず、ただの2/2では打点不足のため3枚。

 

《暴れ回るフェロキドン》:メイン3枚

f:id:naito-horizon:20201011162122p:plain

オムナスのライフゲインがキツ過ぎるためメイン採用。また、ネオストームへのちょっとした抑止力になります。環境にアグロが少ないため、自分へのダメージはほとんどデメリットになりません。4枚でも良いですが、別カードにスロットを譲るために3枚。

 

《戦闘の祝賀者》:メイン2枚

f:id:naito-horizon:20201011162818p:plain

お試し枠。「相手の態勢が整う前に殴り切る」がコンセプトのデッキにフィットしました。タフ1でサクリファイスに非力なため2枚。

 

《水晶壊し》:メイン2枚(+サイド2枚)

f:id:naito-horizon:20201011162823p:plain

サクリファイス・無色コントロール等、置物破壊が効くマッチアップが複数あること、使い終わったラノエルを強化して殴ることもできるため採用。

 

《轟く叱責》:メイン4枚

f:id:naito-horizon:20201011162802p:plain

タフ4のオムナスを1枚で対処するためにしっかり4枚。すでに上陸で仕事をされていることも多いのですが、まだ間に合う可能性に賭けるしかありません。

 

《髑髏砕きの一撃》:メイン2枚

f:id:naito-horizon:20201011162806p:plain

赤の神話裏面土地と言った方が通りが良いか。土地カウントですが、たまに1点×2体のような使い方をすることがあります。自分のライフは飾りのようなゲームが多いので、必要があれば積極的にボルトインしていきます。枚数は2枚ですが、これはアンタップインに基本土地が必要なチェックランドの価値を落とさないためです。

 

《変わり樹の共生》:メイン2枚

f:id:naito-horizon:20201011162809p:plain

緑の神話裏面土地。これも土地カウント。ゲームが長引いてフラッドすることもあり、撃つ機会がそこそこあります。《グルールの呪文砕き》を速攻のモードで着地させると、何もないところからいきなり6点を叩き込むことができます。

 

サイドボード

《嘲笑/負傷》:2枚

f:id:naito-horizon:20201011162812p:plain

「アモンケット・リマスター」から、知る人ぞ知るサブウェポン。かつてはターボフォグ相手に《濃霧》系スペルを無効化するために使われました。このデッキでは《戦闘の祝賀者》と同じ役割(コンバット水増し)を持っています。

 

↓オムナスが機能する前に殴り切って勝つ理想的な展開。

f:id:naito-horizon:20201011170704p:plain

おわりに

何でオムナスを握らなかったの?と聞かれると、正直わかりません。グルールアグロなら扱いに慣れていますし、オムナスミラーのプレイングが怪しかったからいうのもあります。トップメタであっても、ミラーで勝てないデッキは握らないようにしています。

 

意地という面は否定できません。オムナス・ランプの理不尽な強さを前にして、それに屈したくなかった、というのもあるでしょう。5ターン目に根本原理を撃ち、十数枚の土地と大量のクリーチャー・トークン、ウギンまで着地して、それでもマナが溢れているなんて、もはやヒストリックの範疇を超えています。

 

ランク戦に挑む人間としては、意地でトップメタを握らないというのは良い姿勢ではありません。今後オムナス・ランプを握る可能性もあります。が、今のところは、ひとまずグルールアグロで一定の結果を残すことができて良かったと思います。

 

今回はここまで、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

インポートリスト:デッキ以下の行をコピーしてMTGアリーナにてインポートしてください。

デッキ
4 ラノワールのエルフ (M19) 314
4 森 (ANA) 10
4 生皮収集家 (GRN) 141
4 根縛りの岩山 (XLN) 256
4 踏み鳴らされる地 (RNA) 259
3 ザル=ターのゴブリン (RNA) 215
1 山 (ANA) 8
4 轟く叱責 (ZNR) 170
4 岩山被りの小道 (ZNR) 261
4 グルールの呪文砕き (RNA) 179
3 暴れ回るフェロキドン (XLN) 154
2 探索する獣 (ELD) 171
4 砕骨の巨人 (ELD) 115
3 エンバレスの宝剣 (ELD) 120
1 エンバレス城 (ELD) 239
2 髑髏砕きの一撃 (ZNR) 161
3 漁る軟泥 (M21) 204
2 水晶壊し (IKO) 155
2 変わり樹の共生 (ZNR) 215
2 戦闘の祝賀者 (AKR) 148

サイドボード
3 クロールの銛撃ち (GRN) 136
2 水晶壊し (IKO) 155
3 運命の神、クローティス (THB) 220
3 燃えがら蔦 (RNA) 161
2 削剥 (AKR) 136
2 嘲笑 /// 負傷 (AKR) 162