MTGで遊び倒すブログ Enjoy MTG

マジック:ザ・ギャザリングで遊び倒す話を延々とする

Vol.67【テーロス環魂記】「脱出」したい人のための墓地肥やし(パイオニア)

以前、スタンダード(ラヴニカのギルド~)で採用可能な墓地肥やしカードについて書きました。

www.m-t-d-mtg.com

今回はパイオニアで使用可能な墓地肥やしカードの話です。どちらかと言えば、最近スタンダードを始めて、これからパイオニアにも参戦してみたい!と考えている人向けです。すでにご存知の方には今更感が多い内容となっています。

 ※枚数の関係上カードプールの一部抜粋になっています。

※テーロス環魂記で収録のものは含みません。

 

《巧みな軍略》

f:id:naito-horizon:20200115012230p:plain
イオニアのイゼットフェニックスで採用されています。特定のカードを探しつつ残りを墓地に置けるため、1枚でキャントリップと墓地肥やし両方を期待できます。

《機知の勇者》

f:id:naito-horizon:20200115012420p:plain
青赤現出や王神の贈り物デッキで採用実績あり。ドローしつつハンドから好きなカードを墓地に落とすことができます。「永遠」すると4/4に4ドロー2ディスカード。強烈。

【サイクリング全般】

f:id:naito-horizon:20200115012509p:plain
墓地を肥やしつつドローを進めることができます。序盤の安定性を高めたり、特定のキーカードを探したりするのにも相性が良いです。

《イプヌの細流》

f:id:naito-horizon:20200115012539p:plain
土地でありながらライブラリーを削る能力持ち。序盤はマナ基盤として使い、十分な土地が揃った後半は自分の墓地肥やしに転用することができます。

《縫い翼のスカーブ》
《憑依された死体》

f:id:naito-horizon:20200115012614p:plainf:id:naito-horizon:20200115012611p:plain
マナを払い手札からカードを捨てると墓地から戦場に戻る。これ自体が墓地肥やしの当たりになりつつ、「脱出」持ちカードを手札から墓地に落とす手段にもなります。

《縫い師への供給者》

f:id:naito-horizon:20200115012655p:plain
モダンのドレッジやヴァインデッキで採用実績のあるカード。1枚で6枚も墓地が肥える。生贄に捧げたりチャンプブロックに回せたりもできます。

《死の権威、リリアナ》

f:id:naito-horizon:20200115012730p:plain
5マナと少し重めですが、+1で墓地肥やしとゾンビ生成、-3でリアニメイト。盤面固めや墓地肥やし後のフィニッシャーリアニメイトに活躍します。

《安堵の再会》

f:id:naito-horizon:20200115012830p:plain
モダンのドレッジで採用されています。2枚捨てるのはコストのため、打ち消されると目も当てられないのは注意が必要です。

《神々との融和》

f:id:naito-horizon:20200115012908p:plain
クリーチャーかエンチャントをハンドに加えつつ残りを墓地に落とすことができます。落とす枚数も4~5枚と多めです。

《過去との取り組み》

f:id:naito-horizon:20200115012937p:plain
こちらは3枚落としつつ、墓地からクリーチャーか土地を回収。他の墓地肥やしと合わせると必要なカードを回収しやすくなります。

サテュロスの道探し》

f:id:naito-horizon:20200115013011p:plain
土地を探しつつ残りを墓地に落とすことができます。クリーチャーであり戦場に残る点が上2枚と異なります。

 

終わりに

前の記事でも書いた通り、脱出の起動そのものに枚数が必要なので、特定のカードを落とせるよりもライブラリートップから複数枚落とす方が使いやすそうです。
墓地を肥やしつつ特定のキーカードを探したりデッキの安定性に貢献したりできるカードが多いため、スタンダード以上に「脱出」が活躍できる環境になりそうです。

今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました。