MTGで遊び倒す!

マジック:ザ・ギャザリングで遊び倒す話を延々とする

チャレンジャーデッキを強化しよう(「最後の出来事」)

新しいチャレンジャーデッキの発売が発表されました。

mtg-jp.com

 2020年4月3日に、新たな『チャレンジャーデッキ』が発売されます。お近くの店舗で開催されるスタンダードのイベントへ飛び込むための第一歩に最適な製品です!

 75枚のカードが入った4つのデッキは、どれもスタンダードでよく目にする戦略をもとに組まれており、フライデー・ナイト・マジックでスタンダードを楽しめるようデザインされています。

(上記公式サイトより引用)

引用の通り、店舗大会ですぐにスタンダードを楽しめる構築デッキになっています。

箱を開けてすぐに戦える構成になっていますが、いくつか追加すると面白い(強い)と思うカードがあるので紹介します。今回は「最後の出来事」(コルガリアドベンチャー)編です。

ゴルガリアドベンチャーとは

ゴルガリアドベンチャーとは、ゴルガリカラー(黒緑)で組まれた、当事者カード(出来事が書かれたクリーチャー・カード)を軸に組まれるデッキです。1枚のカードで2回唱えることができるお得なカードを連打することで、アドバンテージを得ていきます。また、《エッジウォールの亭主》など、出来事や当事者を参照するカードを使い、アドバンテージ差で対戦相手を圧倒するコンセプトになっています。

f:id:naito-horizon:20200302000048p:plainf:id:naito-horizon:20200302000052p:plain

構築済みデッキリスト

-土地(23)-
8 《沼》
7 《森》
2 《疾病の神殿》
3 《ジャングルのうろ穴》
2 《ロークスワイン城》
1 《寓話の小道》 

-クリーチャー(28)-
4 《エッジウォールの亭主》
4 《穢れ沼の騎士》
2 《漆黒軍の騎士》
4 《真夜中の騎士団》
4 《恋に落ちた剣士》
2 《黒槍の模範》
4 《恋煩いの野獣》
2 《真夜中の死神》
2 《残忍な騎士》

-呪文(9)-
2 《見栄え損ない》
4 《幸運のクローバー》
2 《採取+最終》
1 《ゴルガリの女王、ヴラスカ》

-サイドボード(15)-
2 《クロールの銛撃ち》
2 《打ち壊すブロントドン》
2 《虐殺少女》
4 《強迫》
1 《塵へのしがみつき》
4 《害悪な掌握》

入れ替え候補カード(メイン)

各種ショックランド・占術ランド

f:id:naito-horizon:20200302000322p:plainf:id:naito-horizon:20200302000325p:plain

定番のマナ基盤強化から。一見地味ですが、土地はフォーマットで使用可能なカードのうち最も強いものを採用すると良いです。《草むした墓》(ライフを2点支払うとアンタップインできることから通称「ショックランド」とも)、置くだけで占術1ができる《疾病の神殿》がそれです。

《悪ふざけの名人、ランクル》

f:id:naito-horizon:20200302000811p:plain

プレイヤーに戦闘ダメージ与えると様々な効果を選べる伝説のクリーチャー。効果は自分と相手の痛み分けですが、ハンドから捨てるカードは必要に応じて後から回収でき、生け贄は《恋煩いの野獣》から生成した1/1トークンで賄えば良いので、自分の損害を最小限に抑えることができます。

《探索する獣》

f:id:naito-horizon:20200302000814p:plain

メリット能力てんこ盛りのパワーカード枠。《恋煩いの野獣》を除けば全体的に小粒なクリーチャーが多いゴルガリアドベンチャーにおいて、対戦相手の一回り大きいクリーチャーを突破して攻撃を通すのに重宝します。

《暗殺者の戦利品》

f:id:naito-horizon:20200302000822p:plain

万能パーマネント除去。対戦相手がコントロールするあらゆるパーマネント(土地すらも!)をたった2マナで除去可能。一方で、対戦相手に基本土地を与えてしまうため、序盤の除去は他のカードで賄うなど構築に工夫が必要です。

《アーク弓のレインジャー、ビビアン》

f:id:naito-horizon:20200302000759p:plain

+1で自軍強化&トランプル付与、-3で除去ができる強力なプレインズウォーカー。除去による盤面掌握、および、《探索する獣》と同様に中盤以降の突破力向上が期待できます。

《グレートヘンジ》

f:id:naito-horizon:20200302000818p:plain

点数で見たマナコストは9もありますが、《恋煩いの野獣》のおかげで見た目よりも低コストで唱えることができます。一度着地してしまえばクリーチャーが着地するたびにサイズアップ&ドロー、そして毎ターン2点ゲインと、まさに支配的。

 

サイドボード

《軍団の最期》

f:id:naito-horizon:20200302000801p:plain

赤単などの速いアグロや、低コストクリーチャーをキーカードとするデッキ相手に強力な除去。相手のハンドや墓地からも追放できるほか、効果によって相手のハンドを見ることもできてしまいます。

《変容するケラトプス》

f:id:naito-horizon:20200302000804p:plain

対青系デッキのキラーカード。青単相手に着地できれば決定的、青白・青黒にしても対処できるカードが限られるため、これ一枚で勝てたり、貴重な全体除去を消費させることができます。

《戦慄衆の将軍、リリアナ》

f:id:naito-horizon:20200302000808p:plain

対ミッドレンジ、対コントロール用。単体で強力ですが、ゴルガリアドベンチャーであればクリーチャー死亡時のドローや-4による生け贄を強く使うことができます。

おわりに

以上、チャレンジャーデッキのカスタマイズ候補カード紹介でした。「最後の出来事」も開けてそのままで結構強そうですが、何度か遊んでみてバリエーションが欲しくなったというときはここで紹介したカードを加えてみてはいかがでしょうか。

今回はここまで、最後までお読みいただきありがとうございました。