MTGで遊び倒す!

マジック:ザ・ギャザリングで遊び倒す話を延々とする

チャレンジャーデッキを強化しよう(赤単)

f:id:naito-horizon:20200220020136p:plain

新しいチャレンジャーデッキの発売が発表されました。

mtg-jp.com

 

 2020年4月3日に、新たな『チャレンジャーデッキ』が発売されます。お近くの店舗で開催されるスタンダードのイベントへ飛び込むための第一歩に最適な製品です!

 75枚のカードが入った4つのデッキは、どれもスタンダードでよく目にする戦略をもとに組まれており、フライデー・ナイト・マジックでスタンダードを楽しめるようデザインされています。

 

(上記公式サイトより引用)

引用の通り、店舗大会ですぐにスタンダードを楽しめる構築デッキになっています。

箱を開けてすぐに戦える構成になっていますが、いくつか追加すると面白い(強い)と思うカードがあるので紹介します。今回は「行軍の猛攻」(赤単)編です。

f:id:naito-horizon:20200220020145p:plain

構築済みデッキリスト

-土地(21)-
18 《山》
3 《エンバレス城》

-クリーチャー(27)-
4 《熱烈な勇者》
4 《焦がし吐き》
3 《ブリキ通りの身かわし》
4 《リムロックの騎士》
4 《遁走する蒸気族》
4 《砕骨の巨人》
4 《朱地洞の族長、トーブラン》

-呪文(12)- 
4 《災厄の行進》
4 《舞台照らし》
1 《エンバレスの宝剣》
3 《炎の侍祭、チャンドラ》

-サイドボード(15)-
4 《ショック》
3 《サテュロスの悪知恵》
3 《殺戮の火》
3 《実験の狂乱》
2 《無頼な扇動者、ティボルト》 

入れ替え候補カード(メイン)

《鍛冶で鍛えられしアナックス》

f:id:naito-horizon:20200220020209p:plain

自分がコントロールするパーマネントの赤シンボルの数だけパワーが上がります。また、アナックスや他のクリーチャーが死亡した際に1/1のクリーチャートークンを生成します。伝説のクリーチャーなので1枚しかコントロールできませんが、パワーも高く除去にも強いカードです。それでいてアンコモンであり、安価に入手できます。

《義賊》

f:id:naito-horizon:20200220020219p:plain

速攻、到達(飛行クリーチャーをブロックできる)持ちの2マナパワー2クリーチャー。攻撃時に対戦相手よりも手札が少ない場合、対戦相手のライブラリートップからカードを追放して、ならず者で攻撃したターンに限り唱えることができます。このデッキの場合、《ブリキ通りの身かわし》もならず者なので、その分唱えるチャンスが多くなります。少しルールが難しいですが、うまく使うと強力なカードです。

《軍勢の戦親分》

f:id:naito-horizon:20200220020212p:plain

本体は3マナ2/2とデッキの割に少し重めですが、毎ターントークン生成&一緒に攻撃するとサイズアップでき、ターンが進むごとに打点が急上昇します。また、生成されるトークンはパワー1であり、《災厄の行進》ともシナジーを形成します。単体で打点が高く、特にコントロールデッキにとっては放置できないカードです。

《エンバレスの宝剣》※追加

f:id:naito-horizon:20200220020216p:plain

すでに1枚入っていますが、強力なカードですので増量オススメです。対戦相手がブロックしてきたクリーチャーをサイズ修正で上回り、二段攻撃とトランプルでダメージを貫通させることができます。複数のクリーチャーで攻撃すれば軽いコストで唱えることができ、一気にライフを詰めることができるので、引けるように複数投入すると良いです。

 

入れ替え候補カード(サイド)

《解き放たれた狂戦士》

f:id:naito-horizon:20200220020205p:plain

プロテクション(白)を持ち、白の単体除去やクリーチャーによって攻撃を防がれません。《空の粉砕》のような全体除去にはやられてしまいますが、白のデッキにとって着地後の対処手段が限られます。特定の相手に威力を発揮するカードです。

《レッドキャップの乱闘》

f:id:naito-horizon:20200220020158p:plain

1マナで4点とダメージ効率の良いカードですが、赤でないパーマネントにダメージを当てると土地を生贄に捧げなければなりません。主に赤単相手に投入します。

《溶岩コイル》

f:id:naito-horizon:20200220020202p:plain

乗り越えるのが難しいタフ4クリーチャーを1枚で対処できるカードです。また、このカードでダメージを与えたクリーチャーがそのターン死亡したとき、死亡する代わりに追放されるので、墓地から回収されるのを防ぐ効果もあります。似たような効果を持ちインスタントである《焦熱の竜火》は3点ダメージですので、そちらと比較してどちらを採用するか検討することになります。

《丸焼き》

f:id:naito-horizon:20200220025017p:plain

白か青限定ですが5点ダメージ、しかも打ち消されない効果付きです。主に青白コントロールをはじめ、打消しを用いるデッキ相手に投入します。

 

おわりに

以上、チャレンジャーデッキのカスタマイズ候補カード紹介でした。開けてそのままでも結構強そうですが、何度か遊んでみてバリエーションが欲しくなった、強化してみたいというときはここで紹介したカードを加えてみてはいかがでしょうか。

今回はここまで、最後までお読みいただきありがとうございました。