MTGで遊び倒すブログ Enjoy MTG

マジック:ザ・ギャザリングで遊び倒す話を延々とする

Vol.45【MTG】禁止制限改訂!(2019年8月26日) 今回は・・・

8月26日、公式より禁止改訂が発表されました。モダンはホガークヴァインが環境を席捲するなかで禁止改訂の動向が注目されていましたが、果てして、、、

 

【スタンダード】

その前にスタンダードです。

f:id:naito-horizon:20190827005442p:plain

《暴れ回るフェロキドン》、なんと解禁

もともとサヒーリコンボへのアンチカードとして刷られたカードでしたが、イクサラン発売前に肝心のサヒーリコンボが禁止され、その上強力な赤単をより一層強化し、トークンなど特定の戦略を著しく否定してしまうとしてすぐに禁止されてしまう、なかなかにネタ不遇な1枚でした。

現在のスタンダードではゾンビスケープシフトおよび吸血鬼といった、大量のクリーチャーを横に並べたりライフゲイン要素を擁するデッキが強力です。それらへの対抗戦略の一つになりうるとして解禁されることになりました。

出典 2019年8月26日 禁止制限告知|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

スタンダード落ちまでわずかのタイミングですが、9月に日本選手権を控える中で、影響の大きい禁止解除となりそうです。

 

【モダン】

さて、何かと物議を醸していたモダンです。

f:id:naito-horizon:20190827005437p:plain f:id:naito-horizon:20190827005450p:plain

《甦る死滅都市、ホガーク》、《信仰無き物あさり》、禁止

ホガークは予想通りとしても、物あさりまで禁止になるとは!

ホガーク自体は結局《黄泉からの橋》が禁止になってもホガークヴァインが強力すぎたため、やはりというべきか許されませんでした。

また、近年のトーナメントシーンにおいて手札を整えつつ墓地を肥やすデッキが隆盛していた(ホロウワン、イゼット・フェニックス、ドレッジ、ブリッジ・ヴァイン)ため、過度に墓地対策を採用せざるを得ない構築がまかり通っていました。《外科的摘出》のメイン採用などがまさに典型です。今後も墓地利用やディスカードを伴うカードが刷られるたびに《信仰無き物あさり》を使用するデッキが強化されていく一方であり、このタイミングでストップがかかったようです。

出典 2019年8月26日 禁止制限告知|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

 

そして、

f:id:naito-horizon:20190827005433p:plain

《石鍛冶の神秘家》、解禁

カードパワーがモダンのカードプールに適切なレベルに入ったとして、ついに解禁されることになりました。レガシーで一つのアーキタイプを形成するほどのパワーカードゆえ、モダンでも白青石鍛冶のアーキタイプ成立他、さまざまな影響が出そうです。すでに市場から枯れているとのこと、乗り遅れました。

 

■ ■ ■

 

管理人個人としてはイゼットフェニックスがデッキとして成立しなくなってしまった点が残念ですが、今回の禁止改訂で健全な環境が戻ってきてくれれば良いと思います。数か月後、そこには石鍛冶ジェイス祭と化したGP会場が、、、

 

今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました。