MTGで遊び倒すブログ Enjoy MTG

マジック:ザ・ギャザリングで遊び倒す話を延々とする

Vol.39【MTGアリーナ】イクサラン――宝物構築攻略!

f:id:naito-horizon:20190804234733p:plain

MTGアリーナでは8/5(月)0時より「イクサラン――宝物構築」開催中です。

「あなたのアップキープの開始時に、あなたは宝物・アーティファクトトークンを1つ生成する」という紋章を持った状態で行うBO1スタンダード構築です。敗退条件はなし、6勝で賞品を全て回収できます。

マナを生み出すアーティファクトトークンが自動生成されるということで、重い呪文を早いタイミングで唱えやすくなります。しかし、一度マナを生んだ宝物は消えてしまうので、いつのタイミングで消費するかがポイントになります。

 

今回攻略に使用したデッキです。

 

【4Cプレインズウォーカーコントロール】6勝X敗 X=たくさん

 

f:id:naito-horizon:20190806233807p:plain

f:id:naito-horizon:20190806233635p:plain

宝物トークンで得たマナを、継続的にアドバンテージを生むプレインズウォーカーに使用します。2ターン目に《時を解す者、テフェリー》を出たり、3ターン目に《龍神、ニコル・ボーラス》が出たりすることを考えれば、どれほどの壊れムーブかわかると思います。また、《大いなる創造主、カーン》の常在型能力によるマナ拘束(対戦相手は宝物トークンを起動できなくなる)も加えて有利な盤面を作ります。

 

f:id:naito-horizon:20190806233707p:plain

↑対戦相手が《実験の狂乱》をコントロールしているときに《墓堀りの檻》を出すと、ライブラリーと手札の両方から呪文を唱えることができなくなります。《実験の狂乱》を自壊させる以外にロックを脱出する手段がありません。

 

f:id:naito-horizon:20190806233735p:plain

↑別のゲームにて。《演劇の舞台》でアドバンテージを稼ぐ相手に対して、《減衰球》、《王神の立像》をウィッシュボードして設置。強力なマナ拘束を完成させて投了に追い込む。

 

■ ■ ■

 

4Cプレインズウォーカーコントロールでの攻略も楽ではなく、単色アグロに轢かれたり、先手2ターン目に《大いなる創造主、カーン》を出されて詰んだり、《集団強制》で全てのプレインズウォーカーを奪われたりと、無茶苦茶な局面に何度も遭遇しました。ルール上、とにかく先手が有利で、3ターン目には趨勢が決しているゲームも多かったです。

 

今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました。