MTGで遊び倒すブログ Enjoy MTG

マジック:ザ・ギャザリングで遊び倒す話を延々とする

Vol.21【MTGアリーナ】Ⅲ:城塞への猛攻――シングルトン攻略!構築のやり方&デッキ紹介

f:id:naito-horizon:20190724001727j:plain

MTGアリーナでは「クロニクルⅢ:城塞への猛攻――シングルトン」が開催中です。シングルトンデッキ(同名カード1枚制限)による構築戦で、敗退条件はなし、15勝で全ての賞品を入手して完走です。

 

今回のイベントでは「ロンドン・マリガン」が適用されます(マリガン後も7枚ドローし、キープ後にマリガンした回数と同じ枚数のカードをライブラリーの一番下に置く)。MTGアリーナでは初めての適用です。

 

シングルトンイベントでは何度かデッキを紹介しているので、今回はシングルトンデッキの構築について少し書きます。

 

【シングルトンデッキ構築のやり方】

やり方というほど大げさなものではありませんが、初めてイベントに参加する方や、何度か組んでみたけどいまいちうまくいかなったという人向けに、何かの参考になればと思い書きます。(完成したデッキだけ見たい!という方はこの章は読み飛ばして【完成!!】まで進んでください。)

 

その1:デッキの方向性を決める

どうやって勝つかを決めるところから始めていきます。素早く殴りきる、カードパワーの暴力で相手を圧倒する、除去と打消しで盤面を掌握して少数のフィニッシャーで勝つ・・・そのままそれぞれアグロ・ミッドレンジ・コントロールですが、いずれにしても構築の方向性を決めます。なお、コンボはシングルトンの性質上特定のパーツを集めにくいため、あまりお勧めできません。

 

ここでは、(管理人の好みで)青黒コントロールを例に構築していきます。

f:id:naito-horizon:20190724003259j:plain

その2:ベースのデッキを考える

実際に組まなくても(頭の中のイメージでも)良いのですが、最終形のベースのデッキを考えてみます。

 

シングルトンではない通常の青黒コントロールです。制約がないので、ベストなカードを最大4枚まで積むことができます。しかし、シングルトンはこうはいきません。

 

その3:代わりのパーツを探す

本当は4枚積みたいけど積めないカードについて、それに似ているカードを探していきます。

例えば《悪意ある妨害》。諜報を除けば、3マナの確定カウンターです。3マナの確定カウンターは、《悪意ある妨害》だけではありません。通常はリミテッドでしか使われませんが、《思考崩壊》はシングルトンでは有用な代替カードです。

 

同様に、ドローソースやフィニッシャーについても代替カードを探していきます。《薬術師の眼識》は《概念の雨》に、《永遠神ケフネト》は《夜帳の捕食者》で置き換えることができます。

 

純粋に置き換えが効かない場合は、バウンスやカウンター、除去を組み合わせてゲームプランを遂行できるように構築していきます。

 

【完成!!】

f:id:naito-horizon:20190724003503j:plain 

完成したデッキがこちら。

《思考消去》、《虚報活動》については代替カードがないため、軽い除去とカウンターで序盤を凌げるようにします。

 

アグロやミッドレンジも、同じように「元のデッキ」⇒「代替カードを探して1枚ずつのデッキを完成させる」ことで構築できます。

 

・・・

 

普段使わないカードを色々試してみることができるのもシングルトンの楽しみの一つです。

まだの方はぜひ!

 

今回はここまで。

次回は灯争大戦が加わって変化したシングルトンデッキをご紹介します。